2008年07月03日

[ベトナム]ベトナム中銀 コアレート過去最低水準引き下げ、更に基準金利引下げか?

ベトナム中銀は先月末にドンドル為替レート変動幅を±1%から±2%に変更しましたが、昨日、ドンドルのコアレート(公式中心レート)を、過去最低水準の1ドル=16,519ドンに引き下げました。
年初のコアレートと比較すると2.45%の下落、これは中銀が実質的にドン切り下げをしたものと判断できるようです。
それをうけて、市中のインターバンク取引では、16,847ドンまでドン安が進んでいます。これは、すでに±2%の変動幅の下限値となっています。
また、非公式市場の相場は、17,600ドンとなっています。これはコアレートからは6%以上も下回っていることになります。
闇両替では18,000ドンを超えているところもあるようです。
相変わらず、ドル不足になっているようです。

また、憶測ですが、ベトナム中銀は基準金利をインフレ抑制のために6月に12%→14%へ引き上げていましたが、1,2ヶ月のうちに、基準金利を引き下げる予定もある、という情報も流れています。
posted by siam_breeze at 10:52| ハノイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック