2009年05月04日

[タイ]Metropolitan Bangkok

met001.jpg


今回のBangkok Returnsで泊まったのはMetropolitan Bangkokです。

Metropolitan Bangkok
http://www.como.bz/


COMO HOTEL AND RESORTSという会社が運営しており、ロンドンの有名なホテルのMetropolitanと同じです。
昨年、滞在したモルディブの「COCOA RESORT」も同じ経営です。
また、世界的に有名なSPA「COMO SHAMBHALA」も経営しています。

Metropolitan Bangkokは2003年にバンコクのサトーン通りにオープンしました。
Metropolitan Bangkokは音楽関係や芸術・ファッション関係の人々に人気のあるホテルです。
以前から泊まってみたいホテルの一つだったのですが、立地的についつい敬遠していました。
というのは、私がバンコク滞在のときには、昔住んでいたスクンビット界隈で行動することが多いため、サトーンという立地を選択していませんでした。

Metropolitan Bangkokの最寄駅は、MRT(地下鉄)のルンピニー公園になります。
ルンピニー公園駅がラマ4世通りとサトーン通りの交差点にあります。
スコタイホテルのちょっと先、バンヤントゥリーの隣といえば、場所がわかる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ラマ4世通りからサトーン通りを数百メートル南下するとバンヤントゥリーの入り口があり、そのちょっと先がMetropolitan Bangkokの入り口です。
サトーン通りはルンピニー公園から北はウィッタユー通りですので、BTSからもタクシーで一本で南下できます。
また、ちょっと歩きますが、BTSのサラデーン駅もあります(こちらはあまりお薦めしません)
タクシーでは「タノン・サトーン(サトーン通り)、ロンレーン・メトロー(メトロホテル)」といえばスグに通じました。(間違ってもベトナム英語の「メチョー」とは言わないように(笑))
もし分からなくてもバンヤントゥリーやスコタイの名前を出せばタクシーの運ちゃんはわかってくれます。
Metropolitan Bangkokはサトーン通りには面しておらず、通りから100mほど入った所にあります。


met003.jpgサトーン通りのバンヤントゥリーの入り口



met004.jpgそのスグ先がMetropolitan Bangkokへのソイ(小道)



met005.jpg入り口を曲がるとソイ(小道)になっています。



met006.jpg100m進むと右側がMetropolitan Bangkokの入り口です。



met002.jpg夜はこんな入り口のプレートがこんな感じにライトアップされています。



met007.jpgエントランス



met008.jpgエントランス





レセプション周辺の様子。カジュアルさとシックさがMIXされたデザインです。
met009.jpg


met010.jpg


met011.jpg


met012.jpg


met013.jpg


met014.jpg

 
 
 
Metropolitan Bangkokですが、まず感じたのが、今まで泊まったバンコクのホテルと大きく違うのはスタッフ達の対応です。
基本的に動作が機敏で、非常によく気が利きます。
また、絶対に笑顔を絶やしません。
すぐに声を掛けてくれる気さくさがあります。
男性スタッフはイケメン揃いです(家人の弁)。
私が感じたのは、スタッフ達が「私はMetで働いている」という自覚と自信に溢れているように受け取れました。
ルームキーパーにも同じようなことを感じました。
 
met015.jpgレセプション横のエレベータの横にはこんなオシャレな時計があります。液晶プロジェクターで壁に映し出されています。


 
 

では、続いて部屋に上がってみましょう。

met016.jpg廊下は暖色系を使ったシックな感じです。



met017.jpgルームナンバープレートもとてもオシャレです。

今回、メットルームに泊まりましたが、とてもオシャレにまとまっています。

met018.jpg



met019.jpg



met020.jpg



met022.jpg



met021.jpg



met023.jpg



met024.jpg



met025.jpg電源コンセントは2タイプ。有線LANのポートあり。WiFiもあります。



met026.jpg



met027.jpgとても履き心地のよいスリッパ



met028.jpg各種ステーショナリーやLANケーブルも揃っています。


met029.jpg


 
 
トイレとバスも広々して十分なスペースです。
バスとシャワーブースは独立しています。
met030.jpg



met031.jpg



met032.jpg



met033.jpgアメニティは「COMO SHAMBHALA」



met034.jpgアメニティは「COMO SHAMBHALA」



met035.jpgDrinking Waterは毎日4本サーブされます


  
  
  
朝食は、1階のレセプションの右側の「Cy'an」になります。
プールに面していて、プールサイドで朝食を食べることも出来ます。
メインの料理をメニューから選び(たしか6〜7種類あります)、コールドミートやブレッドなどはbuffetスタイルとなります。
コーヒーはポットでサーブされます。
メイン料理はどれも凝っていて、量も適度です。
私が頼んだオムレツは具にキノコと長ネギという今まで想像もしなかった美味しいオムレツでした。
met036.jpg



met037.jpg



met038.jpg



met039.jpg



met040.jpg


  
  
  
さて、Metropolitanといえばやっぱり「Met Bar」でしょう。
「Met Bar」は会員制のBar(Club:オヤジが行くクラブじゃない方)ですが、宿泊客にはインビテーションカードがプレゼントされます。
met041.jpg

 
 
Met Barオリジナルのカクテルや各種アルコールが楽しめます。
私はクラブMUSICには疎いのですが、バンコクでもファッション業界や音楽業界の人々が集まるクラブです。
DJはMacBookを使っていました。

met042.jpg


  
met043.jpg


  
met044.jpg


  
met045.jpg


  
  
  
今回利用しませんでしたが、もちろんホテル内には「COMO SHAMBHALA」のSPAもあります。
「COMO SHAMBHALA」はモルディブのCOCOAで利用しましたが、非常に洗練されたスタッフが対応してくれます。
もちろん使われているケア用品は全て「COMO SHAMBHALA」です。
ホテル内のショップで「COMO SHAMBHALA」のケア用品も購入できます。(実は今回買い忘れました)。
 
 
今回のMetropolitan Bangkokは、久々に満足できるホテルでした。
ホテルは寝るだけ、と割り切らない場合、やはりホテルのサービス、ホスピタリティ、クオリティが重要になりますが、Metropolitan Bangkokは十分に満足させてくれました。
冒頭にも書きましたが、スタッフが他にホテルスタッフとは違う好印象を持ったのも、このホテルの特徴なのかもしれません。

みなさまも機会があれば是非泊まってみては如何でしょうか?
 
 
posted by siam_breeze at 23:00| ハノイ 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | THAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良さそうなホテルですね。バンコク郊外に住んでいてバンコクへ泊りに、、、なんてやったことないけど、今度一度行ってみたい。
Posted by Bangbor at 2009年05月05日 14:21
1ルーム1ナイトで,お幾ら位なのでしょうか?
良質なクライアントに安心してお奨めできそうな気がするものですから。
Posted by Nok at 2009年05月05日 16:31
★Bangborさん
ファミリーには向かないホテルですが、おすすめですよ。

★Nokさん
私の泊まった部屋だと通常230USD++ぐらいのようです。
Agodaなどホテルサイトでプロモーション価格を見つけることも出来ますよ。
Posted by siam_breeze at 2009年05月05日 19:22
わざわざ御教示くださり,有難うございました。
w^3.asiarooms.com でも RoomType Terrace で USD$230 くらいですね。 記録しておかなきゃ..(感恩)。
Posted by Nok at 2009年05月05日 19:52
★Nokさん
一番の下のランクの部屋だと130++ぐらいのようですね。
Posted by siam_breeze at 2009年05月05日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118613620
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック