2010年03月11日

[ベトナム]ベトナム製美白クリームには水銀が含まれる

ベトナム製の美白クリームには水銀が含まれているそうです。
そのため、タイではベトナム製の美白クリームは輸入禁止物質になっています。
しかし、ベトナム国内での生産は停止しておらず、国内はもとより近隣のカンボジアなどに大量に流れている模様です。

-------------------------------------------
siam_breeze@モバイル/Treo Pro
posted by siam_breeze at 07:35| ハノイ | Comment(10) | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
化粧品の水銀は、塩化第1水銀(甘汞)で、日本では伊勢白粉に使われ人気がありました。梅毒薬、ま、人や家畜のシラミ除けにも利用されてきました。しかし製造過程で水銀中毒が起きるため、昭和28年に最後の工場が廃業しました。現在、白
色化粧には、雲母粉などのほか、微粒子酸化チタンが使われますが、紫外線で肌を破壊する作用があります。
個人的な意見としては、使用者には、相対的に考えてそれほど害になるわけではないのではないでしょうか。製造している国は、たくさんあるはずです。
Posted by ひとみ at 2010年03月11日 10:21
汎用化粧品への水銀含有は、世界各地で何度となく報じられ、対製造者のみならず、製造工場所在地(国)の責任追及にまで至っておりますね。なんでも、へたに使用すると皮膚が焼け爛れたようにボロボロになるんだそうです。
ベトナムの管轄役人や企業経営者が、(目の前で手招きする)販路に対して自ら背を向けることなど考えられませんから、これからも同様の有害製品は世界中の発展途上国に流れていくことでしょう。
ベトナム国内で流通が止まっても、海外ではきっとルートは生き続けますよ。
もっとも、こうしたことはベトナムに限った話ではありませんが。
Posted by 白 at 2010年03月12日 14:33
★ひとみさん
いや、そういう問題ではないと思いますよ。

★白さん
まったくその通りでしょう。
ベトナムが離陸できない構造的問題の一つですね。
Posted by siam_breeze at 2010年03月14日 11:13
ベトナムの離陸という視点からはその通りです。

化粧品による直接の実害は少なくても、海などの生態系に蓄積されると神経毒のメチル水銀になります(水俣病)。

ベトナムの品質管理とイメージアップのために、私たちがすることはたくさんあります。
でも、かなり図太くないと、こまの国では生きてはいけないですよね。
Posted by ひとみ at 2010年03月14日 20:31
いつも楽しく読んでいますが、このひとみさんって方、いつもトンチンカンというか、話がずれていきませんか?
Posted by Tin Toy at 2010年03月15日 15:48
話がずれていてスミマセンね。
それが個性ですから・・・・ね
しかし東京大学(先端科学技術研究センター)という大学で教官をしていた科学者として科学的な視点からコメントしているつもりですよ。
Posted by ひとみ at 2010年03月15日 18:05
>Tin Toyさん
多少知識があっても知恵がなければ即ち無益、ということを体現してるのですよ(´ー`)
Posted by tinton at 2010年03月16日 00:52
まあ、みなさん、落ち着いて。
Posted by siam_breeze at 2010年03月16日 09:44
あまり個人攻撃というのは、どうかなーー・・・
好ましいことではないと思いますけどねーー
実際にお会いして、仕事したりしないと、その人のことってわからないものですよ。

それに、そこまで言われると、新聞記者(科学・経済記者)の識見、常識、判断力、観察力などなどを
評価して教授待遇で招聘した、東大(日本では一応、最高学府とも言われています。よくわからなけれどね)や、また、私に期待して招聘したベトナム政府を間接的に批判していることにもなりそうな感じがするけどなー。

どうでもいいけど、カンベンしてくださいよ。ね
Posted by ひとみ at 2010年03月16日 10:32
★ひとみさん
不愉快な思いになるのだったら、ここにコメントされなくても結構ですよ。
Posted by siam_breeze at 2010年03月16日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック