2005年01月24日

アラビアータ

今日も具合が今ひとつで午後までベッドの中で過ごしていた。夕方、近くのスーパーで買い物をしてスープを煮込んでいる。スープはまた別途書くとして、今日は昨日作ったスパゲッティアラビアータの簡単レシピ(インチキレシピともいう)だ。

トマトホール2缶用意する。一つは裏ごし(ミキサーでもいいけど裏ごしした方が滑らかになる)する。2つとも裏ごししてもいいけど、僕は好みで1缶はトマトの形を残しておくので裏ごししない。

マッシュルームを細かくみじん切りにする。細かければ細かいほどよい(ミキサーでも可)。

鍋にたっぷりのオリーブオイルを注ぎ(まだ火をつけない)、そこにスライスしたニンニクとつぶしたニンニク、鷹の爪(辛さの好みに応じて。)をいれ、弱火で焦げないように炒める。弱火であればあるほどよい。ニンニクと鷹の爪は絶対に焦がさないようにする。オリーブオイルにニンニクの香りと鷹の爪の辛味が移ったところで、ニンニク、鷹の爪は取り出してしまう。

ここで中火にして、裏ごししたトマトホール、みじん切りのマッシュルームを鍋へ入れる。バジル、月桂樹も好みに応じて投入(量も好みに応じて)。また、ここに潰したニンニクを2、3カケラ投入。再び弱火。

弱火で10分煮たら(ブクブクと沸騰させてはいけない)、もう一缶のトマトホール投入。投入したら、トマトホールを木のヘラかなんかでザクザクとぶった切ってしまう。このとき、トマトホールの缶の中のトマトジュースも入れてしまう。赤ワインも投入。隠し味として「おたふくソース」投入する。甘みをつけるためにトマトケチャップを投入しても良い。蓋をして弱火で30分ほど煮込むべし。絶対に沸騰させたり焦がしたりしてはいけない。

30分経ったら塩、胡椒などで味を調える。味が濃い場合はトマトジュース(無塩)を使うのが良い(タイに無塩のトマトジュースがないのだが)。

味を調えたら約10分弱火にして出来上がり。

以上、1時間で出来てしまうインチキレシピなのである。

トマトホール2缶分なのでかなり量は多い。余ったソースは冷凍庫にしまっておく。このソースをもとにミートソースを作ったりもできる。また焦がさないように煮詰めてしまえばフランスパンやピザ生地に塗って焼いてもおいしい。また、みじん切りの玉ねぎと一緒にもう一回軽く煮立てて、そのあとレイゾウコで冷やし、フランスパンに冷たいトマトソースとして塗って食べてもおいしいのである。アサリをワイン蒸しして、そこにこのトマトソースをかけても旨いのである。
posted by siam_breeze at 00:30| バンコク | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか背景の色が変わってません?(灰色になってる。)
Posted by かず。 at 2005年01月24日 12:55
背景の色を#222222に変えてみました。イメージがちょっと変わったでしょ?。
Posted by siam_breeze at 2005年01月24日 13:55
なんかエッチサイトみたい。
Posted by かず。 at 2005年01月24日 15:41
ご無沙汰してます。
上海は寒いです。
このレシピすごくわかりやすいので、早速明日試してみます。
おいしそー
Posted by UME at 2005年01月24日 18:22
おいしそうなソースですね。
このソースを使って、もう一品の提案です。
厚めの肩ロースに切れ込みを入れ、そこに
パイナップルをはさみます。それに、パン粉の
衣をつけて、フライパンで焼きます。焼くときは
バターとサラダ油を50:50くらいの割合で
使います。量は、片面が軽くつかる程度でOK。
このカツレツに、siam_breezeさんのトマトソースを少し煮詰めたものをかければ、トマトの酸味と
パイナップルの甘みが、ロース肉に絡んで、
とてもおいしそうです。
実は、以前この料理は良く作っていました。
本当においしいですよ。
Posted by sry at 2005年01月24日 21:57
sryさん、レシピありがとうございます。
おいしそうですね。今度作ってみます。
Posted by siam_breeze at 2005年01月25日 10:21
レシピというほどのものではありませんが、もう一品ご紹介します。ソーメン、ひやむぎのたれについてです。
日本にいたころ、夏の暑い時期に良く作っていました。
まず、普通のめんつゆを用意します。そこに、
ラー油少々、豆板醤少々、摩り下ろしにんにく少々、刻みネギ少々、そしてごま油を加えます。
食欲がなくても、食べられますし、普通のめんつゆにはない、ボリューム間も得られます。また、にんにくパワーで、活性酸素撃退効果もあります。但し、食後の口臭には気をつける必要がありますけれども、、、。
よろしければ、お試しあれ。
Posted by sry at 2005年01月25日 19:59
あ、このタレなら、私もよく作ってます。このタレは、茹でた豚肉を冷やしたやつにもよく合いますよ。
銀座や赤坂や二子玉川にある維新ごう(号虎←これで一文字)で気に入ってこのタレを自作しました。
Posted by siam_breeze at 2005年01月25日 22:07
銀座や赤坂で使われているなんて、ツユとも知りませんでした。
このたれの別バージョンで、普通のめんつゆの代わりに、鶏がらスープ+しょうゆを使うものもかなりいけますよ。
食べ物の話題を続ける事がこの場にふさわしいかどうか、判断しかねますが、むかし母が炊き立てのご飯に代用バター(マーガリン)を乗せ、そこにしょうゆをかけて食べていました。本人いわく、とてもおいしいのだそうです。私は、トライしませんでしたが、、、。勇気のある方は、お試しを。
Posted by sry at 2005年01月26日 19:42
食べ物ネタ、どんどん続けしまって問題ないです。
「炊きたてご飯+マーガリン(バター)+しょうゆ」、これ好きな人ってかなりいるみたいですね。
僕はダメです(^^;;。
Posted by siam_breeze at 2005年01月27日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック