2005年01月25日

ゴニョゴニョネタの取り扱いについて

海外GSM携帯や海外モバイルの聖地とも言われている愛工大の古橋先生のサイトの掲示板が一時休止されてしまった。休止理由は掲示板を見て欲しい。

このサイトはタイ赴任前より熟読していたサイトの一つであった。何せタイに来る前から、タイでのモバイル状況を血眼になって調査していた俺であった。タイへ来てからも情報交換をさせていただいていた。

さて、古橋先生の掲示板が休止されてから、ゴニョゴニョに対する問い合わせが非常に多くなってきている。掲示板が休止されたということから、ブログのコメントでの問い合わせではなく、E-mailでの問い合わせがほとんどある。たぶん、このblogを覚えていて、そこから俺の本家サイト(今は全く更新していない)にあるE-mailアドレスを見つけてメールを送ってきてくださっているものと想像する。しかし、その数が本日はすでに20件を越えた。

大変申し訳ないが、メールを頂いた方には返答をさせて頂かないこととします(昨日までの問い合わせ頂いた方全員には返答をさせて頂いています)。すべてに対応できない以上、全員にお答えしないという判断をしました。


俺自身、ゴニョゴニョが違法なのかどうかよくわかっていない。法的整備がされていないのが現状でもある。ゴニョゴニョにより、日本の「携帯鎖国によるビジネスモデル」を崩しているのも事実であろうし、それにより企業の利益が損なわれるのも事実だろう。

しかし、これは企業側の論理である。私は、今の日本の携帯ビジネスは「鎖国」であると考えている。SIMロックをはじめ、レンタル携帯廃止論、日本独自の携帯システムなどは、まったくユーザーの利便性を考えていない。

小泉首相が「YO-KOSO JAPAN」というキャンペーンを打っているが、外国人旅行者が日本に来て一番不便なことは「携帯が使えない」ということすら政府は理解できていないのだろう。

もし、今の日本のビジネスモデルが崩れ、海外同様に携帯本体と通話会社を切り離せば、携帯端末の値段は現状より高くなるであろうし、通話料も変わるであろう。しかし、俺はそれでいいと思っている。それでもユーザーが携帯電話に魅力を持てば携帯を購入し、通話会社と契約するだろう。そして企業は別の意味で、企業競争やサービス向上を図っていくだろう。ユーザーが魅力を感じなくなれば、携帯本体は売れず、通話会社も儲からない状態になるだろう。企業努力が足りないだけである。

一方で、「携帯は既に社会インフラの一つである」という意見もある。よって、今さら社会インフラを乱すようなことはできない、という論理だ。だったら再構築すればいい。海外のどの国も、日本のGDPの10%に満たない(数字はうる覚え)タイですら、携帯はちゃんとしたビジネスになっている。もし日本の企業が海外の携帯メーカ、通話会社と同じことができないのであれば、それは日本の企業の怠慢である。

少々、私見も入ったが(かなり私見だな)、話を戻すと、ゴニョゴニョの質問それ自体にはお答えしない場合がある。ただし、俺自身が仕入れたゴニョゴニョネタなどはエントリーしていくつもりである。またブログにてゴニョゴニョについてのコメントがあった場合も、俺の勝手な判断でコメントをしたりしなかったり、ということがあるかもしれないが、そこはご容赦願いたい。

繰り返すようだが、ゴニョゴニョが微妙な立場であるのも事実であり、ゴニョゴニョをせざるを得ない日本のビジネスモデルそのものに問題がある、というのが俺の考え方である。決してゴニョゴニョ反対!だとか、情報の出し惜しみをしているのではない、ということだけをご理解頂きたい。


さて、そういう意味ではこういう情報は今回が最後になるかもしれない。
802SEのゴニョゴニョはMBK4階の「A42」という店番号の店を探せ!(店の名前ではなく、店番号である)。まだゴニョゴニョできないNKは、そのうちMBKの主な店ならどこでもできるようになるだろう。

気が変わったら、ばしばしとゴニョゴニョネタに対応していたりして :p
posted by siam_breeze at 23:05| バンコク ☀| Comment(9) | TrackBack(1) | MOBILE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この舟橋先生は名工大ではなく愛工大の間違いではありませんか?
Posted by 名工大OB at 2005年01月25日 23:25
 SIMロックの問題は、難しい問題ですね。仮に、SIMフリーの端末が日本で発売されて、それが現状のインセンティブ込みの値段だとすれば、海外の市場への流入問題が発生するのは、間違いありません。
 逆に、SIMフリー化に伴い、日本の携帯からインセンティブが無くなったとすると、日本の携帯ユーザは経済的なダメージを受けることになります。
なにしろ、702NKが1万5千円で買える日本と違い、海外では8万強の値段ですから・・・SIMロックの有無とインセンティブの有無のトレードオフで、どちらを選ぶかというユーザ選択でしょうか。
 海外で主に使うユーザにはSIMフリー機種で、代わりにインセンティブなしの価格。逆にSIMロック付はインセンティブ込み価格という選択肢だとすれば・・・
 根底にあるのは、インセンティブなんですよね。それで、日本のユーザは得もしているし、損もしているんですけど、得をしているユーザと端末メーカの方が多いのも事実です。一方的に、SIMフリーにすべしという意見は、日本のインセンティブ制度を考えると、あながち賛成も出来ないのが、痛し痒し・・・
Posted by 清水 隆夫 at 2005年01月25日 23:56
名工大OBさん>
大学名間違えました。あとで直しておきます。

清水さん>
すでに日本の携帯ビジネスモデル(インセンティブ制度)が出来上がってしまっているだけに、現在の日本のユーザーにとって、SIMフリーは「損」になるのは間違いないですね。
ただ、本当にこのビジネスモデルで将来にわたりやっていけるのか、という不安を持っています。
「インセンティブありでSIMロック」「インセンティブなしでSIMフリー」という選択肢を企業が用意するというのも一つの方法だと思っています。
Posted by siam_breeze at 2005年01月26日 10:20
こんにちは。

久しぶりに寄らせていただきましたら
ん〜「ゴニョゴニョネタの取り扱いについて」の事
お疲れさまでした。

私、来月バンコクに遊びに行く事が決まり、
GSMを購入しようと思います。
日本で買うかマーブン等か価格も含め悩んでいます。
そこで一つ教えていただきたいのですが
私のような旅行者の場合、修理希望の時は
一番良い方法は何ですか?
管理人様のお考えで良いので教えて下さい。
お願いします。
Posted by ドン珈琲 at 2005年01月27日 00:53
日本だけでなくアメリカも似たような現状ですね。向こうもキャリヤ指定の電話機になります。(僕が持ってるやつもそう。ロック解除済み)でも僕が思うに日本やアメリカが安すぎるのであってタイで売ってる値段は機能から考えれば普通だと思うんですけどね。しかし日本に住んでる方には理解しづらいでしょが。
Posted by taka at 2005年01月27日 10:23
ドン珈琲さん>
3G+GSM携帯の場合、普段は日本在住で、修理のことを考えると、日本の携帯(NOKIAやvoda)を買った方がいいかもしれませんね。
一方、3GではなくGSMのみの携帯でしたら、日本では修理できない可能性があります。

takaさん>
アメリカもT-mobileが「SIMロック+インセンティブ」という販売形態をとっているんですよね。
日本の携帯ビジネスモデルが当たり前の日本人にとっては、確かに理解されにくいのが、海外の携帯事情だと思います。私もタイにきた当初は「なんぢゃ、こりゃー!」と叫んでいました。
Posted by siam_breeze at 2005年01月27日 10:40
私の兄は東南アジアの大手通信会社に勤めており、いつもいっているのは「日本は世界標準に従わないのに世界通信連合の事務総局長は日本人」

あれほど日本はわざと世界から違う標準を使っている(PDCや、今はCDMA2000でもちょっとずつ異なるようにしている)。

世界ケイタイ大国にいながら日本を一歩でると日本のケイタイが使えないというのはほんまに悲しい、悔しい(FOMA等は一応使えるけどローミング料金はクビをしめるようなもの)。結局インドネシアなんかはこの世界大国日本からじゃなくて中国の技術をつかって国内のベースステーションなどを構築。結局日本の国益にはならないし、日本の独自標準を世界に広めるつもりならそれもただの夢の話だけになってしまう。
Posted by がいじん at 2005年01月27日 15:07
 まぁ、日本の常識、世界じゃ非常識は、携帯に始まった訳ではなく、昔からですからね。PCも国民機なんて、言って、某N社のオフコンをパソコンと称していたから、デファクトスタンダードのIBM PCを真似るなら、完全互換機にすればよかったものを、ちょこっと変えて売ったから、始末が悪い。

とはいえ、国内だけにとどまる人は、それが決して不便じゃなくて、一歩海外へ出ると、いかに世界標準じゃないのが、不便かを身を持って体験するわけですが。

国内市場をガードするか、世界を視野に入れるかは、企業の判断にゆだねられる訳ですけど、それに振り回されるユーザは、たまったもんじゃないのも事実です。

やっと、日本の携帯も、V社が国際ローミング機を拡充してきましたが、それでも海外でのローミングは高いので、個人ではキツイですね。海外用にGSM携帯を一台持っておいて、現地でプリペのSIMを購入した方が経済的。まぁ、緊急時にはローミング費用うんぬんではないので、それだけでよしとします。
Posted by 清水 隆夫 at 2005年01月27日 18:56
日本標準、国際標準と、確かに最後は企業判断ですが、あまりにも日本の携帯業界については、独自性が強いと感じています。

やはり海外から日本へ戻ったり、日本へ行く外国人は不便を強いています。パスポート提示でもいいので、プリペイドSIM、プリペイド携帯という選択肢を作ってしかるべきだと思います。

今週末、日本へ行きますが、1-2-callを3000バーツほどリチャージして行きます。
Posted by siam_breeze at 2005年01月31日 11:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

携帯のSIMロック解除
Excerpt: SIMというのは、携帯を使うための鍵になるメモリカードのようなもので、もともとは海外で仕様化されていたものなのだけれど、最近では日本でもDocomoやVodafoneが採用してます。 海外でもそうです..
Weblog: 可搬性露月庵
Tracked: 2005-01-26 00:08