2005年03月01日

Treo650のカテゴリ作成

treo650_01s.jpg

気がついた人も入ると思うが(いないかな)、この blog のカテゴリーに「Treo650」を追加し、右側にも Treo650関連のリンク を追加した。

さて、Treo650 であるが、すごく使いやすい。片手で操作ができるのはすばらしい。
いまのところ、まだまだカスタマイズは出来ていないが、とりあえず、PaPiMail と Butler はレジストした。

Palmは奥が深いですね。DAとかさっぱりわからなかったし、コマンド[/]の出し方もわからなかったし、ペーストが[コマンド(/)+P]だし。

まだまだわからないことはたくさんあるので、それらを一つ一つ勉強したら「初心者のための Treo650 Tips」としてまとめていきたい。


それにしても palm のソフトってシェアウェアが多い・・・。

posted by siam_breeze at 17:12| バンコク ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Treo650 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PalmってMacっぽいテイストというか、考え方(陳腐な言い方をするなら設計思想)が似てるんですよね。
DA(Desk Accessory)ってネーミングから同じだし。

ところで、何故ペーストが[ctrl(MacではCommand)+V]か知ってますか?
それが分かればPalmのペーストが[コマンド(/)+P]の理由も推測できます^_^)。
Posted by kom at 2005年03月02日 02:31
PalmもいいけどWinもねー(某CM調)
http://www.ipaqhq.com/forums/showthread.php?t=14755

日本では遠い存在です。(W-CDMA/GSM両方とも)

Posted by たくや@家 at 2005年03月02日 03:10
komさん>
確か、palm作った人って、元Apple社員ぢゃなかったでしたっけ?

Ctrl+X/C/Vは隣り合わせになっているから、このキーを採用したということを以前に聞いたことがあります。
でも、palmがなんで command+P なのか、未だにわからないです。


たくちゃん>
元気?
hw6500 の他に hw6700 というのも出るそうですね。こっちは WiFi 搭載のようです。
Posted by siam_breeze at 2005年03月02日 11:03
> 確か、palm作った人って、元Apple社員ぢゃなかったでしたっけ?
ちょっとその辺り疎かったんで調べたらその通りでした^_^;)。
http://www.ad-visor.net/guide/guide_chapter0-3.html
この次のページで“テイスト”についても触れていますね。

> Ctrl+X/C/Vは隣り合わせになっているから
隣り合わせというよりも、「アンドゥ(Z)」を加えた4つの基本機能をCommand(ctrl)キーの近くに配置したのです。こうすれば圧倒的に使用頻度の高いこれらの機能を左手だけで操作できますからね(右手はマウスを持っていますから。左利きの人は堪えてつかぁさい^_^;)。
ついでに、この4つは標準化されて必ず「編集」メニューにあります(Macのガイドラインですが、Windowsも概ねこうなっているハズです)。

さてPalmの場合、基本的にグラフィティで入力するので、“Command(ctrl)キーの近く”ということ自体に意味がありません。
また通常“P”が割り当てられている「印刷(Print)」も、Palmから直接印刷することは考えにくく、あったとしてもショートカットを割り当てるほどの頻度があるとは思えません(つまり空いている)。
従ってショートカットの基本原則、「暗記しやすいようにメニュー名の頭文字」により“P”を割り当てた、という事だと思います。

自慢気に語っていますが^_^;)思いっきり他人のフンドシですな。
どすこーーい。
Posted by kom at 2005年03月02日 15:36
なるほどぉ、勉強になりますなぁ。
Treo650は僕の嫌いなグラフィティがないけど、Palm OS標準のショートカットキーアサインなんですね。
Posted by siam_breeze at 2005年03月02日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック