2005年03月10日

【Treo650】アプリ/メールソフト

Treo650を使い始めて丁度2週間。palm os そのものにもどうにか慣れてきました。

papi1.gif
さて、今回は、メールソフトについてです。

既に Treo650 ユーザーの多くのサイトで情報が挙がっていますが、標準の VersaMail は日本語が使えません。そこで、PaPi-Mail(3,150円)を導入しました。
(左図は受信メールの画面)



PaPi-Mailは POP3/IMAP4 双方に対応しています。セキュリティ面では、POP3はAPOP対応、IMAP4は IMAP over SSL/TLS対応(SSLクライアント認証未対応)、SMTPは、SMTP over SSL/TLS、SMTP認証、POP before SMTP対応(SSLクライアント認証未対応)となっています。


登録できるアカウントは8つまでです。私は複数のISPと契約しているので複数アカウント対応は必須です。また、Pocket PC や Windows の定番メーラ nPOP 同様、サーバー上のメールのヘッダーのみをまず取得して、その後、読みたいメールをチェックし本文の取得をするという機能があります(サーバー上のメールはそのまま)。これも私には必須です。


また、ヘッダーを取得して、サーバー上から不必要なメール(spamなど)を削除することもできます。ここまでは nPOP と同等の機能ですので、大変満足しています。私がPDAのメーラーに求める複数アカウント対応とヘッダーのみ取得という最低限の要求をクリアしています。


papi2.gif
PaPiMailではリモートといわれるメールヘッダを取得する画面。取得したヘッダに対して、「本文取得」や「サーバー上からメールを削除」などを指定する。




papi3.gif
そして、nPOP に無い便利な機能として、メール受信時に「最新の○○通までのメールを取得する」という機能があります。「○○通」は任意に設定できます。これは非常に便利な機能です。是非、nPOP にも導入して欲しい機能です。




メール作成については、特に問題はありません。メール送信先のアドレス帳は、Treo650の Contacts を利用します。PaPiメール独自のアドレス帳は持っていません。


いま一番困っているのは、メーラーの基本機能だと思っていた「ファイルの添付」ができません。これはレジストした後に気がつきました orz。これは非常に困っています。例えば、Treo650のカメラで撮影した画像をメールに添付したり、blogへアップすることが出来ないのです。添付ファイルだけであれば、Treo650の標準メーラー VersaMail で可能ですが、日本語がNGですので、blogのアップなどには使えません。どなたか、日本語がOKで、上記機能を満たし、かつ、添付ファイルが可能なメーラーをご存知でしたら教えてください。


続いて、メールのアクション時のネットワーク接続についてです。

実際にメールのヘッダーのみ取得をしたり、メールを受信したり、メールを送信したりというアクションを行う際に、自動的にGPRS接続をしてくれます。これは便利なのですが、アクションが終わったときにGPRS接続の切断はしてくれません。ユーザーが「切断する」というアクションを起さないといけません。これについては「自動切断」「手動切断」の選択肢が欲しいです(nPOPにはあります)。また、「今、GPRS接続されているんだっけ?」ということもわかりません。これもGPRS接続中には、それを表すアイコン表示などが必須だと思います。


また、まだ試していませんが、Treo650内蔵のGPRSモデムを使うのではなく、外部の携帯などのGPRSモデムや、WiFiカードを挿してネットワーク接続するときはどうなるのだろう?という疑問があります。


以上、簡単なメールソフトのレビューでした。


使い始めて2週間。一番驚いていることは、「使いたいソフト」「使えるソフト」のほとんどがシェアウェアということです。PocketPC では、やりたいことのほとんどがフリーソフトで出来てしまいます。これも「文化の違い」なのかもしれませんが、ちょっと驚いています。palmは「お金のかかる文化」「商業の文化」なのかなぁと思い始めています。今回紹介した PaPiMail も有料です。ちなみに nPOP は無料です :-)。

posted by siam_breeze at 16:45| バンコク | Comment(11) | TrackBack(0) | Treo650 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古くからのPalmユーザーはそう言われると意外な気がしてしまうのですが(私などは、むしろそういうものから遠い、という魅力で入ったので)、現在の、日本語の使える通信・マルチメディア関連、で環境を整えようとすると「お金のかかる文化」と感じてしまうのかもしれませんね。
これは今までSONYがClieのために面倒を見てきた世界でしたからね。(そのため一般向け市場が拡大しなかった)

ただ、Palmには「これで万全!」といったソフトは昔から少ないように思います。オールラウンドプレイヤーのようなソフトは少数派で、だいたいメモリへの圧迫が少ない、小さいアプリが好まれてきたように思います。そういうものにはフリーのものがまだまだ多いですよ。

また、OS3.5までは日曜プログラマがちょっとやってみるか、という敷居の低さがありましたが、OS4/5からはやはりプロフェッショナルなレベルが必要で、そうすると日本語Palmのソフト開発なんて、よほどじゃないとやってくれないですよね。圧倒的に使ってる人数が少ないんですもん。フリーウェア作家だって、自分のアプリで助かっている人が数人だけだったら、やっぱりやっていく気がなくなってしまうでしょうし。
もう少し市場が大きくなって開発者人口も戻ってきたら別ですけど、現在は、せめてお金ぐらいは払って、少しでも開発続けて欲しいなあ、と私は考えているのですよ。
Posted by クンクー at 2005年03月10日 18:44
やはり、クンクーさんのおっしゃるとおり、シェアウェアでプログラマを助けてあげなければいけないとは思うのですが、最終的にお金のかかるPDAになってしまうがゆえに、なかなかとっつきにくさを感じてしまうのではないでしょうか。

でも、PPCとPalmの違いにはソフト開発者人口の違いもあるのでしょうか。逆に、Palmのソフト開発者人口の方がPPCより多いと感じるのですが。

(キャプチャ画面の『kazuhiko』からのメール、多いですね。^^;)
Posted by かず at 2005年03月10日 19:57
ちょっと補足です。
Win系はOSが多国語に対応している、日本語フォントなどが無償で使える、等の環境が整っています。
それに比較し、Palm GarnetはWindowsで例えればWin95のような状況で、且つ、ソース供給企業が日本市場から撤退しているわけですから、なかなか個人が趣味でやるのはきついでしょう。(家庭内財務的にね)
で、日本ではPalmはますます減退傾向なんで、これでビジネスとしてそこそこ続けられている人たちまで「日本語市場」から撤退してしまったらどうしましょう、という危機感があるわけです。

開発人口の件ですが、実態はわかりませんが、日本では日本語での通信(メールやWEBビュウアー)は大多数の人は日本語Clie搭載のものを使っていますから、Clie以外のデバイスを対象とした通信アプリの開発をしている、できる人、というと、非常に限られてしまうと思います。

Siam-Breezeさんが「お金がかかる」と思われたのは
「日本語化」「日本語が通る通信環境」の構築が主であると思うので、それを持ってして「お金のかかる文化」とされるのにちょっと異議あり、なんですよ。(あ、でもケースなんかつい買っちゃうからなあ。お金を使っていることは事実だなあ。認めたくないけど)
まあ、これってPalmOSへの愛情ゆえ、むきになってしまっているところあり、なんですが。

ただ、私なんかが、つい、「いろいろ事情があるんだからお金がかかるのは仕方ない」なんて思うものだから、あまり強い意見がいえていないけど、Siam_Breezeさんが発言してくれるおかげで、安心して擁護の意見が言えるし、そこからTreoが成功するには、とか、日本の通信事情はこれでいいのか、みたいなことが改めて話題になると思うので、非常に重要且つ意義ある意見だと思います。
Posted by クンクー at 2005年03月11日 10:10
ちょっと誤解があるといけないので。

決して日本語うんぬんだけでなく、海外のアプリを含めて、「palmはシェアウェアが多いなぁ」という率直な感想です。

私が今回Treo650を購入した目的の1つに「今、PocketPCでやっていることが、どこまでできるか?」ということもありました。
(「出来なかったら=使えない」という判断をする目的ではありませんし、使えたからといって、PocketPCを捨てる、というわけでもありません。)


私がPDAで比較的使う機能である「メール」「WEBブラウズ」「画像閲覧」「画像変換」「音楽鑑賞」といったものが、ほとんどシェアウェアでしか存在しないことからの率直な感想なのです。へたすると、安いpalmが1台買えてしまう値段になってしまいます。

またpalmのメモリ容量では総花的なアプリ開発が難しいのかもしれません。これは理解しています。

一方で単機能ながら小容量で使い勝手のよいアプリがたくさんあります(DAなど含めて)。

そして、palm と pocket pcのアプリ開発者(日曜プログラマ含めて)の「思想」というか「考え方」も、これまた違うのかもしれません。シェアウェアの多さからこのようなことを感じました。

私もその昔(1980年代後半)はプログラマの端くれのようなことをしていた時代がありました(NEC98で動くMS-Cで、UI画面の設計を簡単にするライブラリや、キーアサインの取得を簡単するライブラリなど)。もちろんフリーで公開していました。当時は確かにお金を取る人もいましたが、あくまでもプログラム作者の判断にゆだねられていました。今も同じだと思います。

OSにより開発環境の違いがあるのも理解しています。ただ、pocket pc から palm を見たときに、単純にアプリケーションの機能とその対価を比べると(本当は比べていけない物なのです。あくまでもアプリ開発者に委ねられていることなのですから)、前述した通り、pocket pcならフリーでできる、とか、シェアウェアなのになんで中途半端な機能なんだろう、というアプリが多いというのが率直な感想です(メモリ制約があって軽く作ろうとしていることは理解しています)。後者の場合は、もう一ひねりあれば、すごく良くなるのに惜しいなぁ、というアプリが多いですね。例えば、メール添付できないPaPiMail、添付できるファイルに制限があるTapMail。あともう一ひねりあれば、と歯がゆいのです。フリーソフトなら納得して使うのですが、ユーザーからお金を取っているのですから、この「人ひねり」が大切だと思います。



Posted by siam_breeze at 2005年03月11日 17:25
初めまして。
自分は、アンロックTreo650とFOMA F900iTとBluetooth接続にてagendusmail4.2を利用して
います。(日本だとスマートフォン駄目なんで)
agendusmail4.2は添付処理は使えます。
Posted by あかいくるま at 2005年03月11日 19:04
こんにちは。
あかいくるまさんのblogは見させて頂いてます。

agendus mailですが、Tre650内(外部メモリ含む)の任意のファイルの添付は可能でしょうか?

週末には、私もTreo650と携帯電話をbluetooth接続してみます。
Posted by siam-breeze at 2005年03月11日 20:54
こんばんは。

>あかいくるまさんのblogは見させて頂いてま
>す。

たいしたHPではありませんが。

自分は、本体メモリーだけでは無理なんで
SDカードを当然利用しているのですが
agendus mailをインストールした段階で
SDカード側にiMAttachというフォルダが
(PALM/PROGRAMS/iMAttach)作られてます。
そこに添付するファイルを放り込むような形に
してからメール時に利用します。

ただ、文字化けに関しては完全では。
というのは相手が送ってくるフォントや
HTMLメール、特殊記号は一部文字化けします。
ちなみに、JaPonで日本語化をしていますが
VersaMailで母艦から流したメールは一部
文字化けがあるものもありますが日本語が
読めています。
VersaMailで直に送信したことはないですが。

日本でTreo650を利用する際は電話機能は使えないので連動するブラウザは逆に使えずソフトを
探しまくりました。
WebViewerを利用中。






Posted by at 2005年03月12日 01:16
更に悔しくなる情報を一つ。
「VersaMailは中国語ならOK」
きぃー!(頭を掻きむしる音)
Posted by 10g (=gong) at 2005年03月12日 11:33
あかいくるまさん>
情報ありがとうございます。
agendus mail、結構いいお値段(^^;;;。

10gさん>
うぎゃーー(胸を掻きむしってしまいました)。
Posted by siam_breeze at 2005年03月14日 11:42
こんにちは。
ちょっと高いかも知れないですね。
ちなみにアジェンダスプロだとメールも
付いていての値段です。
Posted by あかいくるま at 2005年03月14日 18:15
アジェンダスプロはクンクーさんからも教えてもらっていたのですが、まだ導入していません。

昨夜ふとpalmのアプリについて考えていました。
自分としては「満足、納得できないものには、シェアフィーは払わない」という考え方です。

そうすると、今のpalmのシェアアプリのほとんどに満足できていないのです(探せばきっと満足するアプリがあるはず、と希望は捨てていません)。

シェアフィーが惜しいのではなく、その対価に満足できていないのです。満足、納得できない物にお金は払えません。

三段論法ではありませんが、「満足するアプリがない」→「シェアフィー払わない」→「palmを使わなくなる」という感じになりそうです。

私がIBMのpalmをたった1ヶ月で手放したのは、グラフィティが全然ダメだったということ以外にも、この満足できないシェアアプリばかりの世界、ということが理由の一つであったことを、今回思い返しました。

Treo650の購入は、そのデザインもさることながら、これ1台でどこまで出きるのか?、という興味がまず第一でした。

Treo650を机の上の肥やしにしないように、palmのアプリを色々と探してみます。
Posted by siam_breeze at 2005年03月15日 10:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック