2006年10月16日

アルコール広告禁止案

siam_breeze@iPAQ hw6965です。

タイでまたまたアルコールに関する規制案ができちゃいそうです。

今度は、アルコール飲料の広告を全面的に禁止するようです。
広告だけでなく、商品の店頭陳列や販促活動、ビアガールの衣装なども禁じる
内容になっているようです。

タイはこれから乾期。
屋外ビアガーデンの季節です。
旧WTC前のビアガーデンで気持ちよくお酒を飲むのが楽しみの1つでした。
たくさんのビアガールを横目で見ながら(^o^)。
ビアガールも学生のアルバイトだったりするので、彼女たちの働き口がなくなっ
てしまうのはいかがなものか???

う〜ん、タイらしい光景がなくなってしまうのは残念。

---------------------------------
siam_breeze@iPAQ hw6965
posted by siam_breeze at 08:28| ハノイ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | THAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビアガールの衣装禁止!?かなすぃっす。
例の政権交代以来、(タイの体制の)「時代が逆戻り」したなどと言う記事がStraits Timesに出ていました。保守色が強くなるのは避けられないでしょうねぇ、エスタブリッシュメントそのものみたいな人達による政治ですから。
個人的にはビアガールの衣装は許して欲しいです。
Posted by K岡 at 2006年10月16日 11:22
ルンピニのナイトバザールからもビアガーデンが無くなるということですか?いや、そんな!まさか!?
Posted by D_U_hiro at 2006年10月16日 23:37
何とも、バランス感覚のない規制だなぁと思います。禁煙法もそうですし、酒類販売の時間規制もそうです。
もっと、他に規制するべき物があるように思うのですが、、、。
Posted by sry at 2006年10月17日 12:29
★まとめレス
これからビアガーデンの季節なのにとんでもない法案だと想ったら、関係各所との調整がおわっていないとのことで、この法案は却下されたようです。

一安心ですね。

Posted by siam_breeze at 2006年10月21日 08:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック