2007年03月21日

[Hermes]復活後

HTC Hermes(TyTN)ですが、購入後、最悪なキーボードタッチのため、Q太郎同志を通して、日本→eXpansys香港→イギリス→台湾?イギリス?で修理→イギリス→eXpansys香港→日本→ハノイと「世界半周、大きな長旅」をしてきたわけですが、とりあえず、キータッチ不良は完璧に治っていました。

また、今まで出ていたカメラ起動しても「画面が真っ黒」現象も、今のところ出ていません。

さーて、週末は日本語暗黒キーボードに装換です。

Hermes入院の間に、Treo750vをゲットし、すっかり手放せなくなってしまったわけですが、やはりHermesが戻ってきても、Treo750vの方が格段に使い安いです。
言い尽くされていますが、やはりTreo750vの筐体、そして、前面キーボード。
これにはHermesもかないません。
Hermesを使っていると、キーボードスライドしない状態で、片手で操作できることは限られます。やはり少ないHermesのソフトキーとTreoの前面キーボードでは勝負になりません。
また、「キーボードをスライドする」という1アクションが面倒に感じてしまいます。
これがHTC Universalだと、もっと割り切って、「少し時間のあるときにじっくりと使う」という感覚です。私の中では、HermesはTreo750vとUniversalのハザマに挟まれた存在となっています。

やはり、日常ではやはりTreo750vがメインとなっています。

Hermesの長所は、打ちやすいキーボード、Treo750vより広い画面、WiFi内臓、Treo750vより綺麗なカメラ、といったところでしょうか?。

あ、、修理されたHermesですが、カメラ横のマクロモードとの切り替えスイッチが中途半端なところで止まってしまっています(>_<)。こういう修理は雑ですね。

私の気になっているHTC Kaiserも基本的にHermesライクなわけですが、なぜか、あのギミックに惹かれています。


とりあえず私の日常生活では、腰にTreo750v、首からStarTrek、かばんにNokia E61、Hermes
という体制です(^^;;
でもSIMカードは3枚しかないために、通話専用SIMをStarTrekに、通信用の2枚のSIMをTreo750vとNokia E61に挿入しています。Hermesでは昨日エントリーしたようにBluetoothを使って、Nokia E61をモデムとして使っています。
posted by siam_breeze at 22:31| ハノイ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Hermes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3枚しかって……(笑)。

Hermesのマクロスイッチは、ツマミがレバーをきちんとかんでないんですね。自分でバラした時にやりました^_^;)。一旦バラせば簡単に直せますよ。
Posted by kom at 2007年03月22日 01:13
★komさん
いや、ほら、タイのときには4枚持っていたから(^^;;;。
でもベトナムの3枚のうち1枚は会社支給で通話専用です。まあ、公私混同しなくて済みますが。

マクロスイッチは愛国キーボード交換時に直してみます。
Posted by siam_breeze at 2007年03月22日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック