2005年06月16日

タイAIS、値下げ競争から撤退か

AISは現在の携帯通信各社の通話料値下げ競争から撤退するという。
AISのソンプラソンCEOは「現在の値下げ競争は行き過ぎ。通話料が1分0.25バーツでは会社の経営に支障が出る」と述べています。

AISは今月に入って、他社に追従するように大幅値下げキャンペーン「SureSure」を導入したことにより約15万件の新規加入者を獲得していますが、その矢先の「値下げ競争からの撤退表明」。新規加入した利用者のことは何も考えていないのでしょうか?。これもタイらしい一面。

また、AISへの携帯はつながり難い、AISが意図的に他社からの通話をブロックしているのではないか、という疑惑も先月あたりからささやかれています。

これに対してTOTは、値下げ競争で携帯電話利用者が増え、他社接続回線と接続する相互接続点が不足しているとして、携帯通信会社各社に「早急に相互接続点の増強を」と指示しています。

しかし、AISはこの増強も遅れており、AISへの通信障害解消にはまだ2〜3ヶ月の時間が必要のようです。ちなみに相互接続点の増強はAISが960、TACが700、TAオレンジが480。TACはすでに645の設置が完了しているそうです。

また、AISへの通信障害は、利用者増える午後5時から午後10時に集中していて、TACの加入者の85%、TAオレンジの加入者の86%がAISへの通話を失敗しているそうです。このようなことからも、AISが意図的に他社からの通話をブロックしているのではないか、と噂されています。

posted by siam_breeze at 16:36| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | THAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも有益な情報ありがとうございます。
9月にタイ・アユタヤに出張の予定があり、どのキャリアにするか検討中です
いろいろとタイから来ている研修生に聞いたりしています。
このエントリーのように、AISで通信障害があるとなると、安いということで知られているTAオレンジあたりが良いかなぁと考えております。
「それでもAISがいいよ〜」と研修生が勧めてくるので難しいところです。
何か動きがあったらまた情報をお願いします。
Posted by ひろ at 2005年06月20日 23:06
たしかにAISの通信障害は発生しています。
特に夕方から夜にかけて通話量が増えるときに、他のキャリアからAISへの通話で発生しているようです。
Posted by siam_breeze at 2005年06月21日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック