2005年09月04日

KRUSELLのNOKIA7600用のケース

日本ではケータイにケースをつけるという習慣はあまりないと思うが、海外ではケースにいれ、そしてベルトに取り付けるということがごく普通に行われている。ケースも様々なものが売られている。ここタイでも1つ50Bから売っている。しかし「安かろう悪かろう」(すぐに裁縫がほつれたり、ベルトクリップが壊れたり)だったり、マグネットが強力すぎて携帯本体やメモリに悪影響を及ぼすことも多々ある。


以前から清水隆夫さんのサイト「Good Job!」で何回か KRUSELL社 のケースが紹介されていて(Mio用NOKIA6630/702NK用NOKIA6820用)、非常に気になっていた。


そこで、KRUSELL社のケースをいくつか購入したので、検証レビューする。


まずは、NOKIA7600用のケース。

NOKIA7600は海外GSM、日本のW-CDMA双方で使える携帯として、海外居住者や海外出張の多い人がこぞって買ったモデル。木の葉をモチーフとした携帯である。NOKIA JAPAN販売の物は日本語表示、入力が可能なモデル。

さて、この特殊な携帯の形に果たしてケースはちゃんとマッチするのだろうか??


krusell7600-1.jpg
ケースは本革とビニールで出来ている。携帯の表面(液晶とボタンがある面)はビニールで覆われるかたちとなる。




krusell7600-2.jpg
ケース裏面には KRUSELL 独自のアタッチメントシステム「Multidapt」(詳細は後述)。この「Multidapt」システムは様々なアタッチメントが用意されている。ケース裏面の「Multidapt」ベースにはネックストラップなどを通せるようにもなっている。また、カメラ用の穴もちゃんとある。




krusell7600-3.jpg
ケースはNOKIA7600を包み込むようになるためにファスナーがついている。またNOKIA7600の各種ボタン用にそれぞれ穴があけられている。




krusell7600-4.jpg
NOKIA7600にかぶせた状態。はじめはちょっときつい感じがしたが、使っていくうちになじんできた。ストラップもちゃんと出せる。

ビニールもクリアなので液晶の表示を妨げることはない。またスピーカー部にも穴が開いているので通話はまったく問題ない。あえて難点をいえば、ビニールが少し硬いためにボタンが押しにくいということだろうか。しかし実用上は問題ない。



krusell7600-5.jpg
NOKIA7600上面にあるパワースイッチボタン、カメラシャッターボタンも問題なく押せる。若干のズレはしょうがないか。




krusell7600-6.jpg
底面の各種コネクタ部もまったく問題ない。



krusell7600-7.jpg
左サイドの各種ボタンとIrDAの窓。画像右側のボリュームボタンのところにはビニールカバーになっている。



krusell7600-8.jpg
裏面。カメラの穴のズレもなく、デジカメも問題なく撮影できる。



今回、はじめてKRUSELL社のケースを使ったが、総じて高クオリティである。その理由は、本革製、そして、KRUSELL社の細かい気配りがあるからだろう。そのへんで50B、100Bで売られているケースとは比べ物にならないのは手に持った瞬間にわかる。また細部の加工により、ケースをつけたまま、各種ボタンへのアクセス、充電ケーブルやPC接続コネクタが接続できる。大変満足した一品である。


しかし、KRUSELLのケースの特徴はケースの質だけではない。ケース裏側にある独自のアタッチメントシステム「Multidapt」である。ベルトクリップや自転車用など様々なアタッチメントが展開されている。これがものすごく使いやすい。


krusellad-1.jpg
今回入手したアタッチメントはこの4つ。一番左は単独で、右の2つは左から2番目の小さなアダプタと組み合わせてつかう。この「Multidapt」システム、使うたびによく出来ていると関心する。順を追ってレビューする。



krusellad-2.jpg
まず一番左のアタッチメント。これはベルトクリップ。ケース裏面の「Multidapt」のベースに直接カチっとはめ込む。



krusellad-3.jpg
ベルトを通した状態。着信したらそのままスっとクリップごと引き抜けばいい。ベルトクリップとケース裏面の「Multidapt」ベースはグラつくこともない。

また、ケース裏面の「Multidapt」ベースにはネックストラップなどを通せるようになっている。



krusellad-4.jpg
「Multidapt」ベースからベルトクリップを外すときは、ボールペンなどの先のとがったもので押すことで外れる。



krusellad-5.jpg
続いて、小さいアダプタを取り付けたところ。これもベルトクリップ同様にケースの「Multidapt」ベースにスライドして取り付ける。



krusellad-6.jpg
上の写真の右から2番目のベルトクリップを取り付けた。取り付けはスライド式である。このベルトクリップにはバネがあり、洗濯ばさみの要領だ。



krusellad-7.jpg
携帯を取り外すときは、ベルトクリップ上面の着脱ボタンを押すだけである。写真はちょっと違う絵となってしまったが、携帯を手のひらで持って親指でこの着脱ボタンを押して携帯を引きあげることで簡単に携帯がはずせる。



krusellad-8.jpg
上の写真の一番右側のベルトクリップ。これはかなり頑丈なつくりとなっている。これはベルトの先端から通してつかうタイプ。かなり頑丈でPDAをはめても大丈夫だと思われる。取り付けた携帯やPDAは左右にあるロック解除ボタンを押す。



krusellad-9.jpg
実際にはこのように携帯を手で包み込んで左右のロックを押し込んではずす。




画像ではうまく説明できないが、この2つのベルトクリップは非常に使い勝手がよい。着信したらベルトクリップの解除ロックを押して、スっと携帯を取り出す。電話が終われば、携帯をそのままスっとベルトクリップに収容する。この着脱はいちいちベルトにある携帯本体を見なくても簡単に出来る。非常にスマートなのだ。


じつは802SE用のケースも入手しているので、これは次回レビューする。

KRUSELL社は携帯のケースのみならず、各種PDAのケースも販売している。NOKIA7600用と802SE用を使って、その素晴らしさにほれ込んでしまっている。ケースの作りこみ、そして「Multidapt」システム。早速、Treo650用、iPAQ h6365用、Blue Angel用をオーダーしてしまった。もちろん、これらPDA用のケースも「Multidapt」システムである。


クルーセルジャパンのサイトが8月29日にリニューアルオープンしている。携帯用、PDA用、iPod用、そして「Multidapt」各種アダプタがネット通販も可能となっている。KRUSELL商品が簡単に手に入るようなったのはうれしい。


もしオフ会などでお会いすることがあるときには、是非、このKRUSELLのケース、そして「Multidapt」システムを触ってみてください。たぶん、満足されると思います。そのくらい私は大満足しています。


[関連サイト]
◆ KRUSELL社:http://www.krusell.se/
◆ クルーセル ジャパン:http://krusell.jp/

posted by siam_breeze at 19:41| バンコク ☁| Comment(12) | TrackBack(1) | MOBILE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もiPAQ h1940で使っています。型、作りとも満足しています。Multidaptの爪の部分が浅いので、強度が少し弱いです。腰にかけて使っているうちに、強く何かに引っかけて折れてしまって残念ですが、今でも愛用しています。
Posted by じょー at 2005年09月04日 20:17
おっ! KRUSEL病が、移った〜〜〜 (笑)

タイに工場のある、KRUSELLですけど、私はエンポリでしか、見たこと無かったです。

>じょーさん

マルチダプトの部分ですが、以前の物と最近の物で、材質が変わったみたいですね。強度が、アップされているのかもしれません。
Posted by 清水 隆夫 at 2005年09月04日 20:31
siam_breezeさんに見せてもらいましたが、
めちゃ「いい仕事」していました。
ホルスタータイプもあればいいんですがね。
小生は太っているので、ベルトにいろいろつけると、ずれてきちゃって、不細工なんです。
Posted by とも@すくび39 at 2005年09月05日 00:37
じょーさんのもKRUSELLでしたか!

清水さん、使うたびにほれ込みますね。
Posted by siam_breeze at 2005年09月05日 10:11
あのブラケット部分だけ買えませんかねぇ。
ブラケットまでは、手作りできませんので、、、。
Posted by sry at 2005年09月05日 11:45
sryさんにあのブラケットがあれば、最強のケースに仕立ててくださりそうですね。
Posted by siam_breeze at 2005年09月05日 13:31
マルチダプトのケース側のパーツ、売ってますよ〜(^O^)

http://krusell.jp/ITMP/57102.html

3枚パックです。貼り付けるタイプなので、既存のケースにもつけられます。
Posted by 清水 隆夫 at 2005年09月05日 14:16
わお、売っているんですね!
すっかり見落としていました(^^;;
Posted by siam_breeze at 2005年09月05日 15:49
売ってますね。
でも、このパーツって機械的締結はできるのかなぁ?両面テープだけだと、剥がれが心配ですね。革に縫い付けられるか、リベットが打てると問題ないのですが、、、。
でも、こういうものはやってみるに限ります。ローン・タム・レオ、キット・マイです。
Posted by sry at 2005年09月05日 18:56
sryさん、来週日本へ行くので、仕入れてきましょうか?。
Posted by siam_breeze at 2005年09月06日 10:34
siam_breezeさん
おおお願いししします。
これを使って、ケースを作ってみたいです。世界にひとつだけの♪革ケース作ります。
Posted by sry at 2005年09月06日 17:32
カッポン!
手配してみます。
Posted by siam_breeze at 2005年09月06日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6555948
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Krussel
Excerpt: siam_breezeさんが、Krussel社のホルダーを日本からもちこんでいただけることになりました。私は、現物をまだ確認していないのですが、このホルダーは両面テープで携帯電話などに貼り付けることが..
Weblog: 手作り大好き
Tracked: 2005-09-13 18:31