2005年10月03日

スクンビットエリアで強盗

すでに一ヶ月前のことになりますし、在タイ日本大使館からも情報が発信されているので、在タイの方はご存知かもしれませんが、スクンビットエリアで強盗事件が発生しました。

下記に日本大使館領事部からの情報を転載します。

私の住んでいるアパートでも防犯カメラの設置台数を増やすなどの対策が取られました。
以前、電磁式ロックを取り付けようとしたのですが(オーナーには了承済)、停電が多いために、取り付けを止めました(停電すると、ロック解除しなくなるため)。


大使館からのお知らせ


在留邦人の皆様

在タイ日本国大使館
領事部 邦人援護班

(件名):コンドミニアムでの強盗(拳銃使用、事後強盗)事件の発生

(概要)
情報によれば、9月3日、バンコクのスクムヴィット界隈のコンドミニアムにおいて、家人が帰宅したところ空き巣犯人に出くわし、その犯人から拳銃を突きつけられて金品を奪われるという、居直り強盗事件がありました。
被害者は、日本人ではありませんでしたが、現場は、日本人が多く居住するコンドミニアムでしたので、今後日本人が被害に遭う可能性もあります。住居の安全対策を今一度見直して頂き、この種犯罪の被害に遭わないようにご注意下さい。

(事件詳細)
9月3日午後5時30分頃、コンドミニアム27階の部屋に、旅行日程を一日繰り上げて帰宅した家人が、玄関のドアを開けると拳銃を持った男が突然現れた。家人が「欲しいものはなんでもあげる撃つな」と言ったところ、両手を縛られ、ベランダに監禁された。

その間に犯人は部屋から貴金属類を奪い、非常階段から逃走した。家人が救出されたときには、部屋の中の電話回線が全て切断されており、メイド部屋の鍵を壊して侵入されていたことが分かった。

【対策】
(1)コンドミニアム(アパートメント等含む)の警備状況を点検しましょう。ロビーからの出入り者のチェック、駐車場への出入り車両のチェックがされているか確認し、不十分な場合は警備責任者などに改善を申し入れてください。
(2)出入り口等の点検をしましょう。表との出入り口扉は、メイド部屋の出入り口も含めて二重ロックにする等、侵入されにくい施錠を施しましょう。
(3)現金・貴重品の保管状況を点検しましょう。
ア.高価な物や多額の現金は、銀行預金や貸金庫などの利用を検討しましょう。
イ.万一に備え、盗難保険に加入しておきましょう。
(4)帰宅時の注意
帰宅時、部屋の出入り口ドアを点検し、不審な点があるときはすぐに部屋に入らず、警備員を呼び、また、事態によっては警察にも連絡をしましょう。
(5)被害時の注意
万が一、空き巣犯人等に出くわしてしまったときは、犯人が拳銃や刃物を持っている可能性が高いので、抵抗する、大声を出す、逃げようとする、電話で通報しようとする、犯人の顔を見る等の行為は危険です。金品の被害はあきらめ、身体・生命の安全を第一として対処しましょう。



posted by siam_breeze at 16:23| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | THAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
停電が多いならバッテリーを繋いでおけば
どうでしょうか。パソコンの量販店などで
売ってる簡単なやつでもドアの鍵なら常に
電気を使うわけではないでしょうから停電が
かなり長くても大丈夫じゃないかな?

あとはドアを開けるとベルの鳴るセキュリティ。
最近のは異常を感知すると携帯などに
メッセージを飛ばせるものもありますので
このケースのように家に強盗がいるのを
知らずに部屋に入る事は避けられます。

盗まれるのはしょうがないけど身の安全が
第一と思えばいいのでは?

異常がありそうだから見て来て!と門番に
頼んでもアテにはならないでしょうからね(笑)
Posted by ネクスト at 2005年10月03日 21:09
ネクストさん>
UPSというのでしたっけ?
タイには様々な種類が売られていますね。

ドアを開けるとベルが鳴るセキュリティはとりつけた方がよさそうです。

Posted by siam_breeze at 2005年10月04日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック