2008年02月11日

[タイ][MOBILE]タイのモバイル事情がよくわかるレポート

今回、タイへ初参戦された伊藤浩一さんと平野館長のレポート。
私はいつも断片的なコトしかエントリしませんので、伊藤さんと館長のレポートはタイの事情がよくわかると思います。

[伊藤浩一さん]
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080208/p1
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080209/p1
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080210/p1

[平野館長]
http://pocketgames.jp/blog/?p=127


私が一番嬉しかったのは、「新品中古問わず豊富な携帯やSmart
Phoneを自由に選べる」ということと、「プリペイドSIMの手軽さ」をわかっていただいたことです。

プリペイドSIM(AISの場合、One2Call)を購入(空港でも売っています)すれば、通話もGPRS(パケット通信)も即可能となります。
残高を増やしたければ、セブンイレブンや携帯ショップで売っているリフィルカードやAISサービスセンターで現金払いですぐにリフィル可能。
リフィルはインターネットからも出来るようになっているようです。
また、他の人のAIS携帯の残高を移すこともできます。
今回も伊藤さんの残高がゼロになって「100バーツだけリフィル」したかったのですが、携帯ショップに伊藤さんの電話番号を告げ100バーツを払うと、店員がインターネットか自分の携帯残高からかを、伊藤さんの番号にその場で100バーツ分チャージしてくれました。

GPRSパッケージもAISの窓口や「*138」(音声案内に従う)で簡単に申し込み。
また、残高は通話料金引き落としのみならず、GPRSパッケージ料金などもすべて自分の残高で決済できるのも便利です。
posted by siam_breeze at 11:20| ハノイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | THAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック