2008年02月27日

[タイ]タクシン元首相、タイへ帰国か?

旧タクシン派が実権を握ったタイ。

すでに反タクシン派への報復人事、タクシン及びタクシン派への各種疑惑を捜査している機関の責任者外しなど、タイらしい政治が繰り広げられています。
特に法務省特別捜査局のスナイ局長(反タクシン派)が更迭されています。
法務省特別捜査局はアメリカFBIをモデルにして作られた組織で、タクシンやポチャマン夫人の株疑惑など複数の汚職疑惑の捜査をしていました。
新しく局長に就任するのが、親タクシン派というのですから・・・。


そんな中、タクシン元首相が大手を振って28日に帰国するという噂が流れています。
旧タクシン派からは
「タクシン元首相が法廷の場で自らの汚職容疑を晴らすため数日中に帰国する」
と述べています。
そのためか、タクシン支援派( http://www.hi-thaksin.net )はタクシンの帰国を出迎えようと、スワンナプーム空港に集合するように呼びかけています。
またタイのパスポートが無効化しているタクシンですが、先日、タイ外務省は、タクシンにパスポートの再発給をしたことを明らかにしています。

一方、反タクシンの市民団体は「反タクシンキャンペーン」を計画しているようです。

そして現政権のサマック首相は、
「タクシンがタイへ帰国しても政治ポストの用意はしない」
「タクシン帰国に際して、旧タクシン派議員が空港へ出迎えにいくようなことはない」
と述べています。
まあ、サマック首相もバカではなかった、ということですね。(現時点では)


現在、公式には逮捕状が出されているタクシン。
帰国するとどのような対応が取られるのでしょうか?
タクシンが仮に28日に帰国するとしても、それまでに逮捕状取り消しは、さすがに現政権でも無理でしょう。
空港→警察→保釈金、という流れかな?
そして、現政権が「タクシンは無罪」という方向で突き進むように思われます。

--------------------------------
siam_breeze@モバイル/HTC Kaiser
posted by siam_breeze at 07:27| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | THAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック