2005年11月07日

タイAISコールセンターのメールアドレス

DMでも比較的質問が多いAISコールセンター(AIS Call Center)のメールアドレスを書いておきます。

[AISコールセンター]
callcenter@ais.co.th


そうそう、「まず自分で調べましょう」という件で、これは国によって全く捉え方が違うようです。
先日、在タイの韓国人の方とヤリトリをしていたのですが(日本語がものすごくお上手で、メールでのコミュニケーションでは全く問題ないレベルの方です。おかげでヤリトリは非常にスムーズでした)、この方は「まずは自分で調べる」というのが、理解できないそうです。
理由を聞いたら「自分が失敗する可能性があるから、知っている人に聞くのは当たり前。それを教えずに ”まず自分で調べましょう” というのは意地悪以外の何ものでもない」とのことでした。

ここでは文化論を論じるツモリはありません。
国や文化が異なれば、インターネット文化も大きく違う、ということを感じさせられました。

インターネット文化といえば、日本人同士でも世代によって、大きく違いますね。私は割と早い段階から(JUNETのころから)、ネット文化に触れていたので、余計そのように感じるのかもしれません。

例えば、いま流行りのmixi。
知り合いの紹介でしかこのコミュニティには入れませんが、俗に言う「教えて君」「教えてさん」が非常に多いです。mixiにちょこっと自己紹介を書いただけで、ものスゴイ質問の数です。特に海外在住者から携帯やPDAの質問の嵐です。その99%が「教えて君」です。しかもコチラの都合は全く無視されます。質問される比率で見ると女性が90%です。mixiというクローズドの世界で、友達の友達は友達、という感覚のコミュニティゆえの特徴かもしれません。

質問の一例として「日本でも世界でもつかえる携帯を買いたいです。今の私の携帯は使えるでしょうか?」ということに対して、「いま、お使いの携帯は何ですか?。メーカーと型番を教えていただかないとわかりません。たぶんGSM専用だと思いますよ」という対応をしたのですが、「携帯の種類はわかりません。どうやればわかりますか?。GSMって何ですか?」という返事が届きます。ここから延々と始まります・・・。そして時間をかなり費やして、海外携帯を一から教え(なにせ、自分で使われている携帯にSIMカードが入っているのも知らない、というレベルでした)、日本で使うためにはWCDMA対応のことも教え、メールのやり取りが何回も続きました。そして最後に「やっぱり私には難しそうなので、携帯を買うのをやめまーす」と・・・。もうガックシですね。

また、「電話も出来るPDAって何ですか?女性でも使えますか?」とか「PDAって便利ですか?どうやって使うのですか?何に使うのですか?」とか「電話も出来るPDAを上海で買うにはどうすればいいですか?」とか「携帯を使ってインターネットでどうやるんですか?。ノートPCは日本から持ってきました」などという質問もよくあります。

極めつけは「オーストラリアでプーしてます。携帯とPCでインターネットをしたいのですが、やり方がわかりません。私は英語があまり得意ではないので、携帯会社に聞けません。あなたは専門知識もあって英語も得意そうなので(タイで生活されていて、いろいろと携帯などの情報を収集されているから、英語が得意なのかなぁぁって思いました)、あなたからオーストラリアの私の使っている携帯会社に聞いてもらえますか?。私の周りの日本人も同じように知りたがってます!」。私はこの方に質問対しては無視してます、はい。

私はこのような現象は「教えて君現象」というより「mixi現象」だと思っています。

結論:教えて君よりたちの悪い mixiちゃん。

こう書くと身も蓋もないのかもしれません。
しかし、人に質問したり何かを頼んだりする際の最低限のエチケットってあると思います。まずは「自分で調べる」、そして「少なくとも質問内容に対する最低限の知識は身に付ける」など。私はこのようなことは私の中では「常識」なのですが、どうもそうではない、ということに最近考えさせられています。

posted by siam_breeze at 16:54| バンコク ☁| Comment(13) | TrackBack(1) | THAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念ながら、日本にいてもそういうことは多いようですね。
個人的に来たことは、出来るだけ日記に内容を噛み砕いて書いてるつもりですが その後わかったとも判らないとも何の反応も無いことが殆どですね。
すでに、見てるかどうかも・・・・
Posted by rgb400 at 2005年11月07日 17:23
私もそう思います。礼節と言う言葉はどこにいったんだろう? 感謝とか、御礼とか、仕事の現場でもWEB上でも、私は日本人とコンタクトしているのかしら?と思うことがよくあります。
反面教師としてとらえ、自分も同じことをしないように気をつけてゆきたいと思っております。
そして、家族、特に私の小さい子供たちが同じようなあんぽんたんにならないように、しっかり見本にならなくてはと思っています。
Posted by かれら at 2005年11月07日 18:41
延々と教えてあげたにも関わらず結局携帯購入をやめた女性の例なんて見ていると、恋緒みなと先生の作品「オレ通 AtoZ」を思い出しますねぇ。

韓国人の言う「失敗する可能性があるから」って行が「一通りの知識はある、あとは実行するだけ」って言っているような私には見えてしまうので、同じ論点で話をしているのか少し疑問が。
siam_breezeさんの書かれたようなmixiちゃんたちに対しても韓国人が同じ意見を言えるのか。

しかし最近は、自分が何を知りたいのかも分かっていないのに、抽象的であいまいな質問をする連中が増えてきているようですね。

これらは全て教育(学校や家庭も含めて)に問題があると私は考えています。つまり「自分で考える力」を育てるような教育が全く行なわれてこなかった結果かと。
「自分で考える力」とは「問題を解決する力」ではなく「問題の本質を見極める力」だと私は思っております。

「言われたことだけ」をやって「自分でやるべきことを見つける」ってことをやってこなかった人間の末路かと。
Posted by なーが at 2005年11月07日 19:24
JUNET とは懐かしいですねぇ。fj とかに様々なツワモノがいらっしゃいましたですねぇ...
Posted by tera_jp at 2005年11月07日 19:30
トピずれですみません。苦闘3時間treoで日本語が入力出来るようになりました。あぁでもこれじゃ仕事には使えないかも。
Posted by K岡 at 2005年11月07日 20:14
いつものように、「教えて君」対応、大変ですね。私もPPCを買ったら、「何が解らないか、解らないので、私が何を解らないか、教えて頂けませんか?」って、質問しちゃうゥもしれません(笑)。
そうならないように、勉強しますね。
Posted by sry at 2005年11月07日 20:40
私はもしかしたらsiam_breezeと同世代かもしれないですね。パソ通はアスキーネットのサービス開始からネットの世界に入りました。当然、その頃はある程度の知識がないと通信できないし、ASCII等の雑誌にかじりついてトライアンドエラーで皆がんばっていました。今は簡単に誰でも使えるようになり、ある意味ではサイトやプログをやっているとなんでも子供相談室の世界になってしまいます。いつのまにかネチケットなんて言葉も囁かれなくなってしまいました。
悪貨は良貨を駆逐すると言われますがまさしくその通りの現実になって来ましたね。その延長線上にmixiが出来たと思ったんですが、現実はその逆なんですね。

しかし、技術的なことは難しいこともあり、私はSE80の設定でsiam_breezeのサイトには本当にお世話になりました。こういう情報の価値についてネット上だけで通用する課金性というのがあっても面白いですよね。もちろんひとつのサイトやプロバオダーの世界ではなくです。


Posted by なじゃ at 2005年11月07日 22:52
すいません以下訂正

siam_breeze −> siam_breezeさん

SE80 −> 802SE

Posted by なじゃ at 2005年11月07日 22:54
なんや、中隊長相変わらずお困りの様子でんなぁ。せやから、そんなんは各部隊の仕置ケンペーにお任せくださいゆうてんねん。
立派な精神注入棒でひぃひぃ言わせたりますよってな。
ただ、最近のヤマンバやら勘違い海外プーたちは、総括されるんを逆に楽しんだり、あげくに金をせびったりするもんもおって、ナイーブな中年オヤジたちの注入棒にも少々元気が足らんようじゃ。
中隊長だけにDiscloseしますが、先日、現地の友人とパブで一杯やった後駐車場まで歩いているとき、一人の女がそばに寄って来た。そいつは傷心旅行系自称26歳さいたま市出身プーらしく、何故かアジア各地をプーして回っているらしい。MERCに乗せてハーゲンダッツ一個食わせている隙に総括してやったら、それから4日間も居付きやがって、最後に「あんたイイ人だから500ドルでいいよ」だって。
おっさんはホテル代も支払ってやらんと、MERCに乗って鬼嫁のもとに飛んで逃げ帰りました。
噂によると、そのプーは今バリでプーらしい。
ノリとカラダだけは悪くなかった。脳ミソは少なかったが。
Posted by 白 at 2005年11月08日 09:59
質問されることは全然否定していません。
どんどんと聞いてください。聞かれればわかる範囲で答えます。
だけど、最低限の知識と常識だけは持っていただきたいと・・・。

また、例えば気心の知れた友人だったら、一から十まで手取り足取りレクチャーすることは出来ますよね。私自身、友人にはビシバシと教えて君になることもあります。しかし、これは知っている友人だからなんです。どうやらmixiちゃんたちはmixiのメンバーである、ということだけで、このような感覚なのだと感じています。


mixiのコミュの掲示板などを見ていると、タイトルに「教えてください!」とか「困っています!」というのがめちゃくちゃ多いです。(ここでいわんとしていることは、意味がわかる方にはわかると思います。)
Posted by siam_breeze at 2005年11月08日 11:10
実はネット上のマナー違反はサイトやプログだけではないんですね。会社へのメールでも相談事や質問に自分の名前さえ書かないで質問だけ書いてくるようなやからがいます。もちろん無視ですけどね。こういうのに限って返信しても、お礼の返信もないのが普通です。
価格ドットコムの掲示板を見ても判りますが製品評価の掲示板がいつのまにか相談ごと中心になっています。結局、正す人がいないとその掲示板のバランスがとれないんだと思います。

だから質の高い掲示板やプログを運営していくというのは色々な意味でバランス感覚が必要なんでしょうね。こういう情報を公開していただけているsiam_breezeさんには本当に感謝しています。
Posted by なじゃ at 2005年11月08日 13:12
rgbさん>
そうですね、音沙汰なし、というケースも結構あります。やはり何らかのレスポンスが欲しいし、それが礼儀だと思っています。

かれらさん>
私もある意味「反面教師」としてみています。古い言葉ですが先人たちは良い言葉を残しています、「人の振り見て、我が振り直せ」と。

なーがさん>
「自分で考える力」とは「問題を解決する力」ではなく「問題の本質を見極める力」 ということはもっともだと思います。
仕事でも「目的」を見極めずに「手段」に走る人が多いのも事実です。

tera_jpさん>
なははは、懐かしいですね、JUNET。
fjでは北海道系とC言語をよく見てました。

K岡さん>
日本語入力おめでとうございます。
私もTreo650で初めてまともにpalmに触りました。悪戦苦闘でしたが、私のバンコクの友人には palm野郎がいるので、心強かったです。

sryさん>
色々とお世話になっているsryさんには手取り足取り、寝る時間も惜しんで(一緒には寝ませんヨ!(笑))。

なじゃさん>
同世代でしょうか。懐かしい時代です。雑誌ではASCIIやOh!PCとかV-Magとか。

「子供相談室」、確かにそうですね。
mixiはプライベート会議室が(NIFTYのpatioとはhome partyみたいなもの)あるから、それはそれで重宝はしていますが、一般の公開コミュの一部はちょっと私には合いません。

白上等兵殿>
たしかにこういうプーさん、いらっしゃいますね。バンコクにも多いですよ。私はバンコクの働いている日本人女性のコミュニティに時々顔をだしますが、やはりいろんな女性がいらっしゃいます。上等兵が遭遇したような女性がいらっしゃるのも事実です。

なじゃさん>
奇しくもAsukalさんもblogで激白されています。
質の高い(傲慢でもなんでもなく)掲示板などを維持することは難しいですね。
私は決して質が高い、ものを求めているわけではありませんが、やはり一定(いや、最低限なのかもしれな)の水準(常識と置き換えてもいいかも)のコミュニケーションは求めたい人間です。



Posted by siam_breeze at 2005年11月08日 17:14
こんなの見つけちゃったんだけど、これってどう思う?
mixiで不労所得を得る具体的な手順(pdfファイル・A4版・108ページ)
http://jouho.jp/mixisecret/
ちょっと迷ってる私です。(¨;)やっぱこういうのやめたほうがいいのかなぁ。
Posted by mimi at 2007年02月20日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミクシーさんとサイトさんと
Excerpt: 職場の後輩(美人、巨乳、歳は上)にmixiへのお誘いを受けたことがある。 お誘いを受けるまでは結構入りたいなーなんて思っていた。 色んな人(絵師さんとか)が「mixiでしか入手閲覧できない情報」を..
Weblog: 私の子供を守るのは、武器を持たないあなたの手
Tracked: 2005-11-11 05:04